国立病院看護研究学会

国立病院看護研究学会 学術集会の歴史

回/開催年月日 メインテーマ 詳細
第19回
2021(R3)年
12月11日
オンライン開催
2021(R3)年12月11日〜
2022(R4)年1月21日
オンデマンド配信
看護の創造から変革へ−柔軟な変化− 会場:オンライン開催
大会長:佐藤 朋子
(国立国際医療研究センター病院 看護部長)
第18回
2020(R2)年
12月12日
(感染拡大のため開催中止)
変革する医療の中で看護を創造する〜原点を見つめ、未来につなぐ〜 会場:仙台国際センター
大会長:菅原 幸子
(仙台医療センター附属仙台看護助産学校 副学校長)
第17回
2019年
12月14日 (土)
新たなる時代へ  〜かわらないもの・かえていくもの〜 会場:KFC Hall&Rooms
大会長:亀尾慶子
(横浜医療センター 看護部長)
第16回
2018(H30)年
12月8日 (土)
看護の知を育み発展させよう 〜人々に寄り添う看護の創造〜 会場:広島国際会議場
大会長:鳩野みどり
(岡山医療センター附属岡山看護助産学校 副学校長)
第15回
2017(H29)年
12月9日 (土)
看護の醍醐味、それは何
〜生きることを支える看護〜
会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
大会長:齋藤未利子
(高崎総合医療センター附属高崎看護学校 副学校長)
第14回
2016(H28)年
12月17日 (土)
火の国熊本で未来の看護を熱く語る 会場:熊本市民会館崇城大学ホール
会長名:佐伯悦子
(熊本医療センター 看護部長)
第13回
2015(H27)年
11月28日
看護と意思決定 会場:幕張メッセ 国際会議場
大会長:久部洋子
(東京医療センター 副院長)
第12回
2015(H26)年
1月10日
京に集う 〜故きをたずねて、新しきを知る〜 会場:京都テルサ
大会長:山本 薫
(京都医療センター附属看護学校 副学校長)
第11回
2013(H25)年
12月14日
「“その人らしく生きる”を支える看護−少子高齢時代の看護の役割−」 会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
大会長:石井由美子
(国立成育医療研究センター 副院長・看護部長)
第10回
2012(H24)年
12月 8日
未来へ続く看護 会場:ウィルあいち 愛知県女性総合センター
大会長:小川 惠子
(名古屋医療センタ ー看護部長)
第9回
2011(H23)年
12月17日
看護の英知 −チーム医療の成熟を目指して− 会場:幕張メッセ 国際会議場
大会長:山田百合子
(災害医療センター附属昭和の森看護学校 副学校長)
第8回
2010(H22)年
12月18日
看護の知の再発見と創造 会場:岡山コンベンションセンター
大会長:三浦 麗子
(岡山医療センター 看護部長)
第7回
2009(H21)年
12月12日
政策につなげる看護 会場:国立看護大学校
大会長:田村やよひ
(国立看護大学校長)
第6回
2008(H20)年
12月13日
変革する医療の中で求められる看護とは 会場:仙台国際センター
大会長:吉家 裕子
(仙台医療センター附属仙台看護助産学校 副学校長)
第5回
2008(H20)年
1月13日
これからの看護−変革と調和− 会場:東京ビックサイト
大会長:森山 節子
(国立国際医療センター 看護部長)
第4回
2006(H18)年
11月25日
政策医療における看護の創造と発展 会場:福岡国際会議場 
東京医療センター附属東が丘看護助産学校
大会長:山西 文子
(東京医療センター 副院長・看護担当理事)
運営担当:野口 靜子
(九州医療センター附属福岡看護助産学校)
第3回
2005(H17)年
11月27日
国立病院機構&国立高度専門医療センター
21世紀の看護を創造する
会場:国立病院機構本部・研修部 
東京医療センター附属東が丘看護助産学校
大会長:池田みちよ
(東京医療センター附属東が丘看護助産学校 副学校長)
第2回
2004(H16)年
12月5日
誇りたかき看護の技は、エビデンスをもって 会場:グランキューブ大阪(大阪国際会議場)
大会長:豊田 百合子
(国立循環器病センター 看護部長)
第1回
2003(H15)年
11月30日
会場:国立看護大学校
大会長:竹尾 恵子
(国立看護大学校長)

ページの先頭へ戻る

【学会事務局】
国立国際医療研究センター病院看護部
東京都新宿区戸山1-21-1
【会員管理業務】
竃日学術フォーラム
東京都千代田区一ツ橋1-1-1
03-6267-4550